menu toggle
2015-07-24

アルガンオイルとヤギミルクの無添加石鹸大解剖②

昨日は、ブログで「アルガンオイルとヤギミルクの無添加石鹸」の主成分であるアルガンオイルヤギミルクの美容効果についてご紹介させて頂きました♩

▼▼アルガンオイルとヤギミルクの無添加石鹸大解剖①▼▼

 

今日は続きを。
この石鹸をつくるには欠かせない他の成分についてもご紹介させて頂きます♩

 

DSC_0120

 

アルガンオイルとヤギミルクの無添加石鹸は、以下の天然オイルが含まれています。

オリーブ油、パーム油、コメヌカ油、カカオ脂、ホホバ油

 

保湿力・泡立ちの良さ・洗い上がりのお肌感など、こだわりにこだわっているこの石鹸。創業60年以上の手作り石鹸の工場でつくられていますので、職人さんの知識・やさしさがたっぷり詰まった自信作です。

 

 

 

パーム核油
オレイン酸を多く含み、お肌を乾燥から守りしっかり保湿します。石けんを溶けにくくし、マイルドできめ細やかな泡立ちを作ります。

オリーブ油
人の皮脂に非常に近いので肌へよく浸透し、セラミド(細胞間脂質)を補い、乾燥や肌荒れを改善、お肌をしっとり保湿、なめらかに保ちます。抗酸化成分のビタミンEやポリフェノールの働きで、紫外線による活性酸素の発生を抑え、シワやシミなどお肌の老化防止にも効果的と大変注目されています。

コメヌカ油
低刺激性と高い保湿力に加えて、γオリザノールという特有の成分を含んでいるのが特徴。 アレルギーやかゆみに対する働きがあり、アトピーや乾燥肌のケアにも活用されています。また、ビタミンEを最も多く含むオイルで、そのため防腐剤などを添付しなくても品質の安定性が非常に高いのも特徴です。

カカオ脂
カカオ豆から抽出され、高い保湿効果を持ち、皮膚に柔らかさとすべすべ感を与えてくれます。

ホホバ油
高い保湿力があり、美肌に欠かせない天然ビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富に含まれています。お肌にとてもなじみやすいので乾燥肌の方、敏感肌の方、アトピー性皮膚炎の方でも安心です。また、優れた抗酸化作用により夏の紫外線によるシミ、そばかす、ニキビを防ぎます。冬はカサカサ乾燥肌にうるおいを与え、明るく美しい肌に整えてくれます。

出典1 2

 

一つ一つの成分の役割を考えて、職人さんだからこそつくれる石鹸ができました。

 

作り方は「コールドプロセス製法」。
非常に手間のかかる製法ですが、火も使わず、廃液もでないとてもクリーンな製法。原料が持っている自然の保湿成分がそのまま石鹸に残ります。

wakuwaku holidayのアルガンオイルとヤギミルクの無添加石鹸には、原料から、製法、パッケージングまで全てにこだわりが込められています。

ぜひ一度、この石鹸の持つこだわり・やさしさを体感してみて下さい。

 

 

アルガンオイルとヤギミルクの無添加石鹸
詳細はこちらから


関連記事